気がつけば、河川を探し当てることが楽しくなりすぎていた・・・\(^o^)/ <もう手遅れ^^

私が元々河川に興味を持つきっかけとなったものは、堀川の暗渠に子供の頃、出会ったことだった。
道の下に河が流れている。
なんで流れているのだろう?
ふとした疑問だったように思う。
だが、その疑問はごく小さなとげのように、私の心に残り続けた。

図書館で調べものをしていたときに見つけた資料。
これが今の私になる「フラグ」だったように思う(ε=ε=(۶⊙∀⊙)۶ ヒャッハー!!)
長い間その流路がわからなかった四条川の全貌が見えた。
同じ頃、Google Earthでパソコンで航空写真を閲覧できるようになった。
もうね、楽しすぎた。
一日中飽きずに航空写真を眺めていた。
さらにその頃、国土地理院のsiteで、古い年代の航空写真も閲覧できるようになった。
んでもって、古い時代の地図(明治期・大正期・昭和前期)も入手に成功した。

(四条川の痕跡)
初めて行った四条川の検索。
発見された痕跡
「キターーーーーー!!!」感激の叫び(周りに人がいないか、よく確かめて叫びましょう)
それ以後は見事なフラグ回収のように、順調に道を踏み外していった。(-_-|||) <だめぢゃん

どうして川を探すの?、こんなことを聞かれたことがある。
「そこに川がある(あった)から」
そのようにしか答えようがない。

(高瀬川旧流路)
私は地図から消された河川を探すのが大好きだ。
かつて流れていた河川を探し、どのように流れていたのか?
どの時代で消えてしまったのか
どうして消えてしまったのか?
川(河)を「追体験」することがすきなのだ。

(天神川現流路)
しかし、生きている河川も大好きだ。
新たに作られた河道を流れる姿も
昔からそのまま流れる姿も
コンクリート護岸で三面張りにされた姿も(少々痛々しいけれど)
とても好きだ。

そんな私が探し当てて、ガチンコ突入してみた河川たちのレポートを公開したいと思う。
ちょっとでも、皆さんが川のことを面白い、そう思えることを願って・・・

aug 2014 Noriko
戻る
inserted by FC2 system